Saint François d'Assise  (聖フランソワ)  (2)

カエサルの農家は古いがこざっぱりしていた。息子夫婦とその子供たちと一緒に暮らすカエサルは、今はもう農業の方は息子に任せ、もっぱら孫の子守りをして暮らしているという。二人に紅茶を出しいくつかのマドレーヌを皿に盛って勧めた。
「さて、本題に入る前に先ずは私の事を少し説明させて下さい。私はイタリア、ミラノ周辺のサーカス一座で生まれました。母は私が小さい時に亡くなり、動物の調教師をしていた父を手伝って私は物心付いた時から動物の世話をしていました。父が年を取り引退する頃には私はもう一人前の調教師として勤める事ができたのです。しかし30年程前サーカスがこの村を通ったとき妻と出会い一目惚れしてしまったのです。」  
カエサルの目は30年も昔の自分と妻を思い出す様に遠い目をしていた。 
「リリーは、…妻はこの農家の一人娘でした。リリーの両親に私達の結婚を許してもらう為、私はサーカスをやめてこの地で農業を営みました。妻は5年前に亡くなりましたがそれは平和で幸せに満ちた暮らしでした。」 
そこでカエサルは一息つくと紅茶を飲み干した。

「さて、あなた方を此処へ呼んだのは、実はあなた方のスゼットを私に調教させて欲しいのです。」 
「調教?なぜまた?」 
オスカルとアンドレが同時に聞いた。さっきまで遠くを見ていたカエサルの目が今度はきらきらと光り出した。
「私は見たのです。さっきスゼットが貴方の上着を引っ張って危険から守ったのを。犬という動物はとても賢いですから何でも教えれば覚えます。特にスゼットは牧羊犬ですので何でも誘導する習性が有ります。しかしあのとき貴方の進めと言う命令を背いてまであそこにとどまり貴方を守ったのは誰の命令でもなくスゼット自身の判断です。」 
確かにそのとおりだ。あの時アンドレは何も知らずスゼットの鼻の頭を叩こうとしていたのだ。 それにもかまわずスゼットは彼を守ってくれた。今から考えると何と健気で忠実な行動だろう。アンドレは足下で眠っているスゼットの隣に膝をついてスゼットを抱き締めた。
「ありがとう、スゼット。」 
気持ち良さそうに眼を瞑ったままスゼットがしっぽを降り、その先が床にあたってぱたぱたと快い音を立てた。

カエサルが続けた。
「こうした判断力を持つ犬だからこそスゼットは貴方の盲導犬として適しているのではないかと思うのです。そこであなた方さえ良ければ私にスゼットを調教させてください。」 
オスカルが尋ねた。
「そして貴方の条件は?」 
「私にスゼットの子犬を譲ってほしいのです。なに、その時がくれば私がスゼットにふさわしい雄犬を見つけてきますので心配はご無用です。」 
「何故貴方はそこまでしたいのですか?」 
今度はアンドレが尋ねた。 カエサルは静かに立ち上がると、
「ちょっとお待ち下さい。」
と一言いうと奥の部屋へ消えて行った。 そして7歳位の少年と一緒に戻ってきた。
「私の孫息子のアンリです。アンリ、こちらはグランディエ夫妻だ、挨拶をしなさい。」 
アンリは微笑んで 
「こんにちは、アンリです。」 
と頭を下げた。しかしその少年の濁った目はアンドレとオスカルの間に向けられていた。それだけ言うと又カエサルは孫息子の手を引いて奥の部屋へ戻って行った。 カエサルが戻ってくると 
「奥様はもうお気づきだと思いますが、アンリは生まれつき目が不自由なのです。あの子に盲導犬を与える事ができたらどれだけあの子に生活の自由をもたらす事ができるかと…」 
カエサルの声が詰まった。

アンドレとオスカルは無言でお互いの手を握りしめた。そしてアンドレがいつもの低く優しい声で答えた。 

「…それで訓練はいつから初めるのですか?」
 

Post a comment

Private comment

sidetitleProfilesidetitle

Missy

Author:Missy
はじめまして!Missy です。日本語はまだまだ未熟ですが,ここはそんな私の妄想で暴走している AO主義のベルばら二次創作サイトです。
Please Enter at your own risk!

sidetitleMissy's Break Roomsidetitle
This is a message board for my guests!
sidetitleLinksidetitle
sidetitleLatest journalssidetitle
sidetitleLatest commentssidetitle
sidetitleLatest trackbackssidetitle
sidetitleCategorysidetitle
sidetitleMonthly archivesidetitle
sidetitleYou are the visitor number:sidetitle
sidetitleCurrent Visitorsidetitle
sidetitleSearch formsidetitle
sidetitleFriend request formsidetitle

Want to be friends with this user.