Mea Culpa (私の罪)

Mea Culpa (私の罪)
 

どのくらい馬を駆っただろうか。がむしゃらに林を走りぬけた オスカルの前には小さな農村が広がっていた。アンドレと共にパリで 暴漢に襲われたのは2日前。命は取り止めたと言えアンドレは未だ熱にうなされていた。そんなアンドレの姿を見ているのが居たたまれず屋敷を飛び出してしまった。

冬の夕暮れは早く、もう薄暗くなりつつ有る中でぽつんと佇む小さな教会のステンドグラスの窓から淡い灯りが洩れていた。まるで灯りに惹かれる様に馬をつないで教会の扉を開けると人の姿は見えず、ただ祭壇の蝋燭の光だけが揺らめいていた。その時懺悔室の扉が開き農民らしい男がでて来た。オスカルは咄嗟にその男と入れ違いに懺悔室に入り扉を閉めた。

小さな部屋の中で跪き祈りを捧げると小窓のカーテンの向こうから人の気配がした。
「父と子と聖霊の御名によって、アーメン。」  
オスカルが十字を切った。するとカーテンの向こうから静かで暖かい声が返って来た。 
「神の慈しみを信じ、あなたの罪を告白して下さい。」  
「私が至らない為に私の従僕兼護衛の者を傷つけてしまいました。」 
「傷つけるとは?」 
「はい、私達の馬車が暴漢に襲われたのです。」  
オスカルがアンドレの事と2日前の出来事を神父に説明した。
 
「それはあなたのせいでは有りません。あなたが手を下したわけでは無いのですから。」  
「しかる事ながら,彼の安全は主人として私の責任です。」  
「でも彼が従僕兼護衛ならば,あなたを守るのが彼の仕事ではありませんか? その方は立派に使命を果たしたのであって,それは災難ではあっても、あなたの罪とは言えません。」  
「神父様,私の罪でないのなら何故私の心はこんなにも苦しいのでしょうか?」   
神父はその慈悲深い声でオスカルに答えた。 
「それはあなたがその方を愛していらっしゃるからです。」  
「私が彼を愛している?」  
オスカルの声は驚きを隠せなかった。  
「はい。 その方の事を話すあなたの声は深い愛に満ちています。」 

その後神父に何を言ったのかオスカルは覚えていない。ふらふらと懺悔室を出て知らぬ間にまた馬に乗りようやく屋敷に戻ったのはもう夜更けであった。

帰宅後,夕食もとらず自分の部屋にこもったオスカルは一人暖炉の炎を見つめていた。オスカルは自分の心の中の声に耳を塞ごうと葡萄酒を立て続けに飲んだ。

「おまえは解っているのだろう。おまえの罪は彼を傷つけた事ではない。 おまえの本当の罪は彼のおまえに対する深い愛を知りながらそれを見て見ぬ振りしている事だ。彼の愛を受け止める事ができんのなら彼を手放し自由にしてやるが良い。」

「私には解らない。この自分の気持ちが何であるのか。」
何本目かの葡萄酒を飲み干したオスカルは一人囁いた。

“…mea culpa, mea culpa……mea máxima culpa…” *
(それは私の罪,私の罪,私の最大の罪… ) 





あとがき:
* mea culpa は懺悔の祈りの一部です。
いつもの事ですがタイムラインが前後してすいません。妄想が浮かぶに任せて書いているので...

Post a comment

Private comment

No title

おおっ! こんなところに、こんな素敵な二次創作サイトが! ベルサイトはだいぶん見つくしたかなと思っていましたが……。また見に来ますね。
 (^_^)/

Re: No title

純華 様、有り難うございます!励ましになります。又来て下さいね〜!
sidetitleProfilesidetitle

Missy

Author:Missy
はじめまして!Missy です。日本語はまだまだ未熟ですが,ここはそんな私の妄想で暴走している AO主義のベルばら二次創作サイトです。
Please Enter at your own risk!

sidetitleMissy's Break Roomsidetitle
This is a message board for my guests!
sidetitleLinksidetitle
sidetitleLatest journalssidetitle
sidetitleLatest commentssidetitle
sidetitleLatest trackbackssidetitle
sidetitleCategorysidetitle
sidetitleMonthly archivesidetitle
sidetitleYou are the visitor number:sidetitle
sidetitleCurrent Visitorsidetitle
sidetitleSearch formsidetitle
sidetitleFriend request formsidetitle

Want to be friends with this user.