~ Into the Fire we go (おまけ)〜  Early August 1789

~ Into the Fire we go (おまけ)〜 Early August 1789


アンドレとアランは並んで歩いていた。 
「なんだ、お前達お揃いか?」 
冷やかしの言葉が衞兵隊の仲間から飛びかう。確かに左腕を共に吊って並んで歩く二人はまるで双子だ。 アンドレは自慢げに言った。
「オスカルを守るために受けた傷は俺にとっては勲章だ。」 
「ふん、お熱いこって!」 
アンドレが微笑んだ。
「おまえだってそうだろう?」
アランが静かに眼をふせた。
「ああ。」  

あの時、覆いかぶさって庇ったあの人の淡い薔薇の香をあの人に気づかれぬ様に胸一杯に吸い込んだ。 自分の体の下で息づくあの人の体の柔らかさと共に生涯決して忘れない様に。
 
「それ位は許せよ、なあアンドレ。」 
アランはそっと囁いた。

Post a comment

Private comment

sidetitleProfilesidetitle

Missy

Author:Missy
はじめまして!Missy です。日本語はまだまだ未熟ですが,ここはそんな私の妄想で暴走している AO主義のベルばら二次創作サイトです。
Please Enter at your own risk!

sidetitleMissy's Break Roomsidetitle
This is a message board for my guests!
sidetitleLinksidetitle
sidetitleLatest journalssidetitle
sidetitleLatest commentssidetitle
sidetitleLatest trackbackssidetitle
sidetitleCategorysidetitle
sidetitleMonthly archivesidetitle
sidetitleYou are the visitor number:sidetitle
sidetitleCurrent Visitorsidetitle
sidetitleSearch formsidetitle
sidetitleFriend request formsidetitle

Want to be friends with this user.