牧羊犬

この話は二人が7月13−14日を生き延びたと説定して書いてあります。。。


“。。よかったな、思ったよりの収穫だった!“ 市場で買った野菜や燻製の肉などの沢山詰まった麻袋を背負ったアンドレの腕にそっと手を預けるオスカルはさりげなく人ごみの中の彼を誘導していた。アンドレの美しい目はもう見えていない。住み慣れた家やその敷地内はもう既に把握していて動き回るのに不自由は無かったが初めて訪れた野外市場ではさすがにアンドレも手助けが必要だった。石畳の広場には何列もの台が並びその上で商人や農民達がありとあらゆる物を売っている。その隙間を慌ただしく歩き回る人の群れを避けながら2人は荷馬車が止めてある樫の木の下へ歩いていく。オスカルはパリを離れてからはフランシーヌ(フランソワの女性形)と名乗り今日も未だ慣れないモスリンのドレスに身を包んでいた。長身で美しい2人はよく目立ち誰が見ても相思相愛の夫婦である。

2人の荷馬車の綱がれた樫の木の下では農民らしい若夫婦が 1歳位の男の子と休息しているようだった。その側には雪の様に白い大型犬と3匹の子犬が眠っていた。“珍しい犬ですね。初雪の様に真っ白で。。。こんな犬は見た事無い。” オスカルが夫婦に挨拶をしながら言った。“家の女房はアルザス地方出身でドレスデンに住む親戚からこの牧羊犬をもらったんです。もっとも 家には牧羊犬が必要なほど家畜はいないんですけれど。”  真白い牧羊犬はその純白の毛とは対照的な黒い鼻と賢そうな黒い瞳で静かに眠る子犬と幼子を交代に見つめていた。とその時幼子が母親の膝をはなれて馬車道の方に這い出した。すると何も言わずに牧羊犬が立ち上がり這いずる子供の前を塞いだ。子供は牧羊犬に顔をなめられてケラケラと笑っている。その子供を頭で優しく押しながらまた母親の方向へと誘導していく。”アンドレすごいぞ!なんて賢い犬なんだ!“  オスカルは牧羊犬の行動を詳しくアンドレに説明した。農民の若夫婦はそのとき初めてアンドレが盲目だという事に気がついたらしい。オスカルの説明に見えぬ目を輝かせながら頷くアンドレは妻が愛しくて仕方ないのがだれにでも解る。 “なんせ牧羊犬ですからね,家畜だけではなく子供でも子犬でも誘導する習性があるんですよ。”  ”…何でも誘導する習性か…“ オスカルはしばらく考えこんでいた様だったが 思い切った様に若夫婦に言った。”すまないがこの子犬を一匹譲ってもらえないだろうか。代金は払う。“ それまで無言だった農民の妻がドイツ訛のある暖かく優しいメゾソプラノで答えた。”代金はいりません。賢い犬ですから優しく根気よく教えれば何でも良く覚えてくれます。きっと御役に立つと思います。“ 

オスカルとアンドレは農民夫婦に厚く礼を言って荷馬車に乗り込んだ。2人で並んで御者台に座りオスカルが手綱を取る。アンドレは膝の上で眠る雌の子犬を大事に抱きかかえた。“こいつに名前が必要だな。。。”  オスカルが言った。”スゼットはどうだ?“ アンドレが余リにも早く答えたのでオスカルが眉間にしわをよせた。“そういえば母上着きの女中にスゼットという娘がいたな。赤毛でエメラルドの瞳のなかなかの美人だ。。。お前の好みか?” オスカルが少し拗ねているのがアンドレには良く解る。“馬鹿,俺がお前一筋なのは解っているだろう。スゼットは昔飼っていた犬の名前だ。仕事で留守の多かった父さんが母さんが寂しくない様にって。俺が6歳くらいのときに死んじまったけどその頃には俺もいたし母さん寂しくないから大丈夫だってもう犬は飼わなかった”  アンドレが懐かしそうに言った。彼の黒曜石の瞳は 30年昔を見ている様だ。 オスカルは “そうか。。よし、それではこいつはスゼットに決めたぞ!”  そうと決めるともう機嫌をなおしている。 “オスカル、お前こそどういう風の吹き回しなんだ?突然犬が欲しいだなんて。“   オスカルが考え深げに答えた。 “お前も聞いただろう?誘導するのがこの犬の習性だ。訓練によればお前の目の代わりになってくれるかもしれん。”  アンドレは何も言わなかった。彼が自分の 事で出来るだけオスカルに世話をかけたくないと思っていた。(オスカルはもちろん
その事を苦にしてはいないのだが。。)それを知っているオスカルが彼の自立の為に犬を飼おうと言ってくれたその思いやりが嬉しかった。”それに. . .” オスカルが少し躊躇いがちになった。“それに. . . .?” アンドレがオスカルの頬に優しく手を伸ばした。アンドレは彼女が耳まで赤くなっているのがその指先から伝わる熱さでわかった。“子育てなど縁の無かった私だ。犬にでも手が借りたい!” “子育て?オ。。オスカル。。。お前???”  “ああ,多分間違いない。”  オスカルがはにかみながら答えた。  愛してやまぬオスカルが俺の子供を宿している!! 余りの嬉しさにアンドレの目からは涙が止めども無く流れて止まらない。 アンドレは片手で子犬を抱きもう片方の腕でオスカルの肩をおもいきり抱いた。“おい止せ。馬車が溝に落ちるぞ。そんなに泣くな!”  自分の涙をそっと拭いながらオスカルが気丈に言った。アンドレの愛とこの上も無い幸せをかみしめながら。。。。  




後書き:シェパードが犬種として成立したのも盲導犬が正式に訓練されるようになったのももう少し先の事です。。でも作者の個人的思考と趣味でお二人にホワイトシェパードを飼って頂きます。(笑)ちなみに太古の火山噴火で知られている有名なポンペイの壁画には、目の不自由な男性が犬に導かれて市場を歩く姿が描かれているそうです。

再会〜アラン〜

再会〜アラン〜

暗闇の中を俺はゆっくりと進んでいく。俺は歩いているのか這っているのか...まるで緩やかな川の流れに体を任せるように心地よい闇の中に俺は抱かれていた。体を貫いた銃弾の熱さも疼くような痛みもまるでない。
「そうか...俺は死んだのか...?」
とその時、目の前が突然明るくなり遥かに広がる草原にたたずむ自分を見つけた。雲一つない青空に柔らかな春の様な日差しが心地よい。そよ風に乗って草の萌える香りが俺の鼻をくすぐる。 

「やあ、アラン! 待ってたぜ〜!」
背後から永い事聞いていなかった声が聞こえてきた、と同時に誰かが俺の背中に飛びついた。振り向くとテュイルリー宮広場で最後を迎えた戦友達が微笑んでいる。
「フランソワ,ジャンも!」
俺は昔のようにフランソワの頭を手でくしゃっとやると小柄なジャンを抱え上げた。地面に着かない足をばたばたさせながらジャンが言った。
「アランも出世したな〜。将軍なんて。俺たちの仲間からこんなに偉いやつが出るなんて自慢の種だぜ!」
吃りもせずジャンがすらすらと喋った。フランソワもすかさず,
「そのとおりだ。おれたちはず〜っとアランの活躍を見ていたんだぜ。あの方もご一緒に..」
フランソワがいたずらっぽく言いながら俺の後方に目をやった。

「あの方?」 
おれが振り向くとあの女がいた。風にそよぐ黄金の髪が太陽の光を受けて輝いている。地中海よりも深い彼女の瞳の蒼が俺の心臓を高鳴らせる。  
「た...隊長!」 
あのアベイ牢獄から釈放された日の様に腕を広げて近づいてくるあの女の慈悲に満ちた聖母様の様な微笑みが眩しい。
「隊長はないだろう?私はもう軍人ではないし..第一お前の方が私より位が高い。」
「お..俺にとって隊長はいつまでも隊長ですっ!」
俺は何故か頭に血が昇るのを感じながら早口に言った。畜生.. まるでガキみてえだな..自分で自分が嫌になる。そんなことを考えているうちに隊長は俺の直ぐ前に来ていた。

蒼い瞳を縁取る金褐色の絹糸の様な長い睫毛の一本一本が真近に見えるほどの近距離で真っ直ぐに俺を見つめている 。俺はその瞳に吸い込まれそうになる。今まで忘れた事のなかった愛しい人の甘い香りが広がってくる。俺は水中に溺れる人間の様にその甘い香りを胸いっぱいに吸い込んだ。 まるでそれが俺に与えられた最後の一息の様に。そんな目で俺を見ないでくれよ...本当に息が詰まりそうだ。

「有り難うアラン。私達の始めた新しい国作りの意思を貫いてくれて。お前のおかげで私にはもう思い残す事はない。よくやってくれたな。皆を代表して礼を言うぞ。」 
「で...でも隊長..新しい国作りはまだまだ完成していない。俺にはまだやらなければ行けない事が沢山ある…」
隊長が俺の言葉を遮った。
「いいんだよアラン。お前はずっと全速力で駆けてきた。お前の残した遺産は次の世代の勇者達に委ねろ。」 
それでも何か言いたげな俺の気持ちを悟ったか隊長が続けて言った。
「歴史の輪というものはとても広大すぎて一人の人間が動かせる物では無いのだよ。私達一人一人の努力がモザイクの様に組み合わされてやっと前進できるものなんだ。お前はやるべき事をした。もう休んでいいんだよ。」 
隊長の笑顔は今までに見た事の無い程安らかで俺の心が甘く疼く。
「さあ,お前の両親や旧友達が待っている。行くぞ。」
隊長は俺の返事を待たずさっさと歩き出した。

あっけにとられて躊躇していると誰かが肩をポンと叩いた。
「気にするな。今は分かり難い事だが直ぐに慣れてくる。オスカルだってお前と同じ顔をして同じ台詞を聞きながらいらいらしていたぞ!」 
何時から来ていたのだか俺の隣にはあの黒髪で長身の親友が立っていた。
「アンドレ!お前見えるのか?」
「ああ,両目ともな!」
昔は前髪で隠されていた左目が光を失われたはずの右目と一緒に輝いている。俺たちは笑いながら肩を組んで歩き出した。
「俺の事もうケツが青いなんて言えねえぞ。俺の方がてめえよりよっぽど老け込んじまった!」
「その通りだな...じゃあこれからは将軍様の奢りで飲ませてもらうぞ!」
「ああ俺に任せろ!」
「それと....」

アンドレがいたずらな目をして可笑しそうに言った。
「俺の女房を見てあんまりでれでれ鼻の下を伸ばすな!みっともないぞ!」
それだけ言い捨てるとあいつはさも可笑しそうに笑いながらあの長い足で走り出した。瞬く間に隊長に追いついたあいつは最愛の女の腰を引き寄せるとその黄金色の髪に口づけを落とした。 畜生!あいつの目は治っても憎まれ口は治ってねえな。俺は顔が火の様に赤くなるのを感じながら拳を振り回してあいつを追った...思いつく限りの悪口をあいつの背中に浴びせながら...





あとがき:お家のお掃除をしていたら突然このストーリーが頭に浮かんできたので早速書いてみました。(笑)一応アランが天国で皆に再会するという設定なのですが,デイアンヌが出てこないのは彼女が自殺したからです。デイアンヌは好きなキャラクターですが私もカトリック教徒なのでどうしても自殺した彼女を天国に行かせる事ができませんでした。デイアンヌファンの方、お許しください。

Welcome to my place.....

Hello,
My name is Missy - I do speak both English and Japanese. My English is probably better than my Japanese though.
However I am going to try my best to write in Japanese since most of my audiences here are Japanese speakers...right?

ミッシーです。どちらかというと英語の方が楽なのですがあえて日本語で書きます。
30+年来のベルばら/オル窓マニアです。生まれは日本,育ちはアメリカとヨーロッパ。趣味は犬の訓練。これからもよろしくお願いします。

Thanks for visiting my blog - just kick back and enjoy.

Missy Out.
sidetitleProfilesidetitle

Missy

Author:Missy
はじめまして!Missy です。日本語はまだまだ未熟ですが,ここはそんな私の妄想で暴走している AO主義のベルばら二次創作サイトです。
Please Enter at your own risk!

sidetitleMissy's Break Roomsidetitle
This is a message board for my guests!
sidetitleLinksidetitle
sidetitleLatest journalssidetitle
sidetitleLatest commentssidetitle
sidetitleLatest trackbackssidetitle
sidetitleCategorysidetitle
sidetitleMonthly archivesidetitle
sidetitleYou are the visitor number:sidetitle
sidetitleCurrent Visitorsidetitle
sidetitleSearch formsidetitle
sidetitleFriend request formsidetitle

Want to be friends with this user.