願いの石  (3)

November 1793

アンドレはジュールとセシルを膝に乗せ、声色をいろいろ変えながらお伽話を聞かせていた。オスカルは高音の裏声で王女様役を一生懸命演じているアンドレの姿を見て微笑んでいた。
「あのう…奥様、お手紙です。」
子供達が二人に増えて、オスカルに負担がかかるのを心配したアンドレが雇った女中は地元の娘で, おとなしい働き者だった。 幸い、少し気が短いが根は優しい 「奥様」にも良く懐いていた。
「ああ、有り難う、ミレーヌ。おお、これはカトリーヌ姉様からだ。」
アンドレの声が王女様の高音から、いつもの低く良く通る声に戻った。
「カトリーヌ様は未だプロイセンにいるのか?」
カトリーヌの一家も昨年から一触即発のフランスを後にして移民貴族となっていた。
「いいや、この手紙によると、ボヘミアのカルロヴィヴァリと言う療用地にいるらしい。義兄上がリュウマチを患っていらっしゃり、その地の温泉がリュウマチに効果があるそうだ。私達も湯治に来ないかと言っている。」
「カルロヴィヴァリなら聞いた事が有るぞ。何でもそこの湯は胸や喉の病にも効果があると聞いた事が有る。どうだ、オスカル? 俺たちもカトリーヌ様の御言葉に甘えて暫く行ってこないか?」
「そうだな。それも良いかもしれない。よし、姉上に返事を書くぞ。丁度降誕祭も近いし、久しぶりに姉上のご家族と過ごすのも楽しいだろう。セシルにも会ってもらいたい。」
その時のアンドレはオスカルの健康管理に集中していた為か、オスカルが余りにも簡単に賛成したのを不思議だとは思っていなかった。

実はカトリーヌの手紙 にはこう書き記されていた。

「…最も、疑い深い貴方は私の突然の招待に警戒しているのでしょうね。はっきりと申しましょう。 アンドレにぜひ有って頂きたい方がカルロヴィヴァリにいるのです。貴方もアンドレの事を思うなら必ずいらっしゃって下さいね。
最愛の姉、カトリーヌ」

願いの石 (2)

November 1793

オスカルとアンドレはレバノン人の夫婦がアミンとザリナだと言う事を知った。

湖畔に設けられたテントには彼らの他にアミンの弟夫妻二組の家族がいた。オイルランプとカルダモンの香りのするテントの中は暖かく、心地良かった。アミンはアンドレがスゼットを使って 3歳の娘イナラを探し出した事を皆に話すと家族中でアンドレに感謝の意を表し、上座へと案内した。テントの中に敷き詰められた絨毯の上には幾つかのクッションが置いてあり、男達はその上にあぐらをかいた。オスカルとアンドレはどうもあぐらをかく事は出来ず、やり場の無い長い足を投げ出して何とか腰を下ろした。

ザリナが二人の前に底の丸い桶を差し出して手を出す様に勧めた。二人の手に暖かく香りの良いローズウオーターが注がれた。
「私達の食事は皆、手で頂きますのでお食事の前にはこうして必ずローズウオーターで手を洗います。」
ジュールとセシルも二人に習ってローズウオーターで手を洗った。

先ず出されたのは焼きたての平たいパンとガ−リックのペーストだった。
「このパンはイエス様が最後の晩餐で頂いたのと同じタイプのパンです。」
アンドレが興味深そうに聞いた。
「キリスト教の事を良くご存知ですね。」
ザリナが微笑んだ。
「だって私達もあなた方と同じキリスト教徒ですもの!」
オスカルの驚き顔がよほど可笑しかったのだろう。アミンがゆっくりと話し出した。
「イエス様が訪れた事もあるレバノンにはキリスト教徒もいるのです。しかしイスラム教の国でキリスト教徒が平和に暮らすと言う事はなかなか難しいことです。私達の父が神に召されたのを機会に新天地を求めてこの国にやって来ました。」
「ああ、そうだったのですか。あなた方に信仰の自由が得られる事を神に祈ります。」
アンドレの言葉にオスカルも頷いた。

「これはフエニキアワインと言って私達の先祖が開発したワインです。」
女の一人が赤黒い液体をグラスに注いだ。ほんのりとシナモンと樫の木の香りが漂う中で二人はコクのあるワインを満喫した。
「これは美味しい。これならばボルドーにも退けを取らないぞ。」
「そうでしょう?レバノンの気候はワイン作りに適しているのです。」
アミンと弟達は早いペースでフエニキアワインをどんどん開けて行く。それにつられてオスカルもかなりの量を飲んだが酒豪のオスカルにはまるで影響が無い。それに比べて三兄弟はだんだん呂律が回らなくなって来た。

「これはキビナイと言って細かく刻んだ羊の生肉にオリーブ油やスパイスを混ぜた物です。そしてこちらはそれをパイ生地で包んで焼きました。」
「これは生だとは思えない味だ。なかなかおいしいぞ!」
おっかなびっくり試してみた二人は意外な美味しさに驚いた。子供達はミートパイの方が気に入ってそれをほおばっていた。

主菜の羊肉のシュワルマやシシカバブ、そしてひよこ豆のファラフェルが出された頃には皆のお腹は一杯で3兄弟はとっくの昔にいびきをかいていた。ザリナが申し訳なさそうに2人に言った。
「本当にすみません。我が家の男衆はお酒に目が無い癖に、飲むと直ぐにつぶれてしまうのです。」
アンドレが笑った。
「それは彼らのせいでは有りません。家のオスカルが人一倍強いだけです。」
アンドレの目に視力は無くてもその時オスカルが彼を睨みつける視線が痛い程感じられた。

「そしてこれは今日のお礼に取っておいて頂けますか。」                      
ザリナが小さなビロードの袋をアンドレに差し出した。
「お礼はもう頂きました。これ以上受け取ることはできません。」
アンドレが断るのも聞かずザリナが言い張った。
「高価な物では有りません。これは『願いの石』と言って縁を担ぐ物です。お守りとして持っていて頂ければ光栄です。」
小袋の中には親指の爪程の小さな琥珀色の石があった。
「この石は 一回だけ願いを叶える力があるのです。」
「でも、他の人がこの石を使ったかもしれない。 この石に願いを叶える力がまだ残っていると、どうして解るのです?」
ザリナが 自信満々の微笑みを見せた。
「それは私を信じて下さいませ。」
アンドレは半信半疑でその石を受け取り厚く礼を言ってキャンプから去った。

そしてジレの胸ポケットにおさめられた「願いの石」はそのまま忘れられていった。





願いの石 (1)

November 1793

「どうした、オスカル?」
馬車のスピードを落としたオスカルに向けてアンドレが尋ねた。
「解らない。ただ、道端に人だかりが有るんだ。様子を見てみよう。」
馬車を止めてオスカルが 村人の一人に話しかけた。
「一体どうしたのですか?」
農民らしい男がアラブ系の男女を指差して言った。黒い髪に黒い肌の男は、胸の中で泣き叫ぶ同じく黒髪に黒い肌の女を宥めようと必死だった。
「いや、この二人は畑仕事の為に日雇いしたレバノン人なのですが、子守りの姉娘が目を離した隙に小さな女の子がいなくなってしまったんです。」 
よく見ると10歳くらいの女の子が母親の横でエプロンの裾を握りしめて泣いていた。

「子供の足だ、そう遠くへは行っていまい。」
畑の向こうに広がっている雑木林を見つめるオスカルが馬車を降りようとしたのを止めてアンドレが言った。
「待て、オスカル。ここは俺に任せてくれないか?おまえは子供達と此処で待っていてくれ。」

アンドレがスゼットを連れて荷馬車を降りた。普段から盲導犬を連れて歩くアンドレを知っている村人達が彼を怪訝そうに見つめた。賢さと勘の良さで視力を補っているアンドレは日常生活では殆ど不自由無かったが、流石に雑木林の中で迷子の子供を見つけるのは無理な事だ。村人達のそんな思いをよそにアンドレがレバノン人の男に話しかけた。
「すみません、何かいなくなった子供の匂いがする物はありませんか?」
姉娘が咄嗟にピンク色の小さな毛布をアンドレに差し出した。それをアンドレがスゼットの鼻先に持って行くとスゼットが興味深げに臭いを嗅いだ。
「良いか、スゼット、探せ!」
するとスゼットは地面の臭いを嗅ぎながらゆっくりと歩き出した。スゼットとアンドレの後ろからは好奇心で一杯の村人達や、子供の父親が後を付いて行く。雑木林を迂回して何度か立ち止まり臭いを嗅いだスゼットは10分程歩いた末にクヌギの木の根もとで子猫を抱き締めて眠っている子供を見つけ出した。仔猫を見つけた子供はそれを追いかけている内に迷子になり疲れきって眠ってしまったのだろう。

子供を抱き上げたアンドレに村人達の歓声と父親が繰り返し礼を言う声に静かな雑木林が沸き上がった。子供を連れて無事に戻って来た一行を見て子供の母親も涙をぽろぽろ零しながらアンドレに礼を言った。そして断りきれなかったアンドレは彼らのキャンプで晩餐に家族で招待される事になってしまった。

「いいじゃないか。私はレバノン料理は未だ食べた事が無いぞ。」
オスカルが上機嫌でアンドレに話しかけた。
「それにしても凄いじゃないか。いつの間にスゼットに人を捜す事を教えたのだ?」
アンドレが微笑んだ。
「セシルはお前に似て好奇心が強く怖いもの知らずだろう?蝶や兎だとか、 興味を惹く物を見つけるとすぐに追いかけてて行ってしまう。だからこんな事の為にとスゼットに、匂いで人を捜す訓練をしていたのさ。うまく役立って良かった。」

二人の間で絵本を読む 子供達を愛おしそうに抱き締めるアンドレを 見つめながら 馬車を駆るオスカルも一人微笑んでいた。 

First Communion (初聖体) (7)おまけ

1777

ロザリーを連れてベルサイユ宮殿の舞踏会へ訪れたオスカルは次々とダンスを求める貴婦人達に礼儀正しく相手をしていた。余り舞踏会へ訪れる事の無いオスカルが、しかもまばゆい程の正装で来ていると言う知らせはベルサイユ中に嵐の様に広まったらしく、宮殿に出入りを許されている殆どの御令嬢達がオスカルを一目見ようと舞踏会にやって来た様だ。そしてオスカルは紳士的に彼女達のお相手を勤め、優しい言葉をかけた。

*********

夜も更けた頃ようやく女性達から逃れて回廊で一息つくオスカルにアンドレがシャンパンを差し出した。
「メルシィ、アンドレ。ロザリーを探して来てくれるか?私はもう降参だ。屋敷へ帰ろう。」
シャンパンを受け取ったオスカルの息が少し弾んでいる。
「よし、直ぐに戻る。おまえはここで休んでいろ。…それにしてもおまえ派手にやってくれたな!今夜はベルサイユ中の貴婦人がお前の礼服姿を夢見て眠りにつく事だろうな!」
アンドレが苦笑した。
「それもこれも、みんなおまえと母上のお陰さ。」
「俺と奥様のおかげ?」
「覚えていないのか? あれは未だ私達が幼い子供だった頃だ。女性を喜ばせるには容姿を誉めるのが一番だと教えてくれたのはおまえだ!」
「そんな事もあったか?」
オスカルが得意そうに言った。
「あったとも! 私は何でも覚えているぞ。」
アンドレが笑いながらロザリーを探しに行った。


オスカルのいる回廊を離れるのを待ってアンドレがポツンと呟いた。
「俺だって忘れた事はないぞ….」
アンドレが自分の胸に手をやって愛おしそうに何かに触れた。そこにはお仕着せに隠された銀色の十字架が光っていた….

First Communion (初聖体) (6)

July 1763

ジャルジェ夫人は 木陰で本を読みながら子供達が庭園の噴水で水遊びをするのを見ていた。静かな夏の昼下がりは頭上の木の葉が風に揺れてたてる、さわさわという音と、 子供達の楽しそうな笑い声で溢れていた。

女中がレモネードのピッチャーとグラスをのせた銀のトレイをテーブルの上に置くと夫人が子供達に声をかけた。

「オスカル、アンドレ、あなた方も冷たいレモネードをいただきなさい。」
二人が喜んで夫人の側のベンチに腰掛けると女中がレモネードを差し出した。二人の濡れた髪の毛が太陽の光を受けてきらきらと輝いている。喉の乾いた子供達は瞬く間にグラスのレモネードを飲み干した。

夫人がラベンダーの香りのするハンカチでオスカルの鼻 に付いたレモネードを拭いながら尋ねた。

「オスカル、『子供達のミサ』はどうですか? 新しいお友達はできましたか?」
女中に二杯目のレモネードを注いでもらいながらオスカルが答えた。
「はい、母上。アンドレや母上の言った通りでございました。」
「私達の言ったとおり、ですか?」
「はい。女性と言うのは姿形を誉められるととても幸せになる様です。ミサで一諸のご令嬢達も僕がいつもローブや髪飾りを誉めておりますので今ではもう僕に会うのが待ちきれないようです!」
「それは、それは。」
夫人がさも可笑しそうに微笑んだ。

「アンドレ、いくぞ!」
「うん!」
降り注ぐ日差しの中で、二杯目のレモネードを飲み干した子供達が又噴水の方へ駆けて行くのを夫人が優しく見守っていた。

First Communion (初聖体) (5)

June 1763

オスカルが得意そうに差し出す小箱を開けるとその中には銀のキリスト磔刑像のペンダントが光っていた。
「これはオスカルが選んだのですよ。」 
それはアンドレが今まで見たクロスの中で一番美しかった。まるで教会の祭壇の前にあるキリスト磔刑像をそのまま縮めた様に繊細な銀細工は職人の腕の良さが手に取る様に解る。それを一目見るなりマロン・グラッセが厳しい声で言った。
「いけません、 こんな高価な物を…アンドレはもう十分に頂いております。これ以上身分不相応な贈り物を頂いてもアンドレを甘やかすだけでございます。さあ、アンドレ、奥様にそれをお返ししなさい。」
アンドレの顔が少し悲しげに曇ったが、掌の小箱を素直にジャルジェ夫人の方に差し出した。
「だめっ!」
その時オスカルが席を立って叫んだ。普段礼儀正しいオスカルの何時もとは違った態度に皆が息をのんだ。
「これは僕がアンドレの為に選んだんだ!」
オスカルが眼に涙を溜めて一生懸命に夫人に訴えた。
「母上、お願いです。アンドレは僕の大事な親友です。その親友の為に選んだこの十字架をどうしても受け取ってもらいたいのです。」
優しい微笑みを讃えた夫人が何も言わずにマロン・グラッセを見つめた。その夫人の蒼い瞳に答える様にマロン・グラッセが静かに言った。
「…お嬢様にそこまで言われては仕方有りません。アンドレ、ありがたく頂きなさい。しっかりとお礼を言うんだよ。おまえは本当に幸せ者だ。」
「はい。奥様、オスカル、本当にどうも有り難うございました。」
アンドレが手の中のクロスを握りしめながらお辞儀をした。
「ああ、良かった!有り難うございます、母上、ばあや。」
オスカルがアンドレの肩を握りしめた。そしてオスカルの蒼い瞳にもようやく微笑みが戻りつつ有った。

First Communion (初聖体) (4)

June 1763


ミサが終わりに近づいた頃、行儀よく一列に並んだ初聖体前の子供達が「子供達のミサ」から戻って来た。オスカルはアンドレの隣に腰をかけると大人に聞こえない様に小さな声で尋ねた。
「どうだった?」
それに答えてアンドレが囁いた。
「うん、固くてパサパサで、ちっとも美味しくなかったけど、何だか嬉しかった。」
「…来年は僕の番だ!」
アンドレがオスカルの手をそっと握りしめて言った。
「そうだよ。一年なんてすぐだよ。」
オスカルの隣に座っていたジャルジェ夫人が二人の会話を聞いて静かに微笑んだ。 

*******

その日の午後は客間に子供用のテーブルが設けられ、アンドレの好きな鹿肉の栗ソース和えとチーズのたっぷり入ったポテトオーグラタン等がテーブルを飾っていた。この晩餐会にはジャルジェ家の使用人の子供達も皆呼ばれていて、普段は口に入らぬ様なごちそうの数々に眼を見張っていた。

食事が終わるとデザートのフォンダン・オ・ショコラをまだほおばるアンドレの手を取ってジョセフィーヌが丸いテーブルを覆っている布を取り去った。 その下に隠されていたのは新しい聖書と、熊のぬいぐるみ、そして小さなベルベットの箱があった。
「これで何時でも聖書が読めるでしょう?」
今までアンドレがオスカルの聖書を一緒に読ませてもらっていたのを知っていたジャルジェ夫人の言葉に、アンドレが皮の表紙をそっと撫でて答えた。
「はい、有り難うございます、奥様。」
「これは私達から。」
カトリーヌが姉妹を代表して熊のぬいぐるみをアンドレに渡した。
「良かったな、アンドレ。これで夜一人でも寂しくないだろう?」
顔を真っ赤にしたアンドレが慌てて答えた。
「僕、寂しくなんて無いよ!!」
アンドレの言葉に皆がどっと笑った。
恥ずかしそうに下を向いてしまったアンドレに夫人が言った。
「アンドレ、もう一つ贈り物がありますよ。オスカル?」
オスカルが小さなベルベットの箱をアンドレに渡した。

First Communion (初聖体) (3)

June 1763

アンドレは何事も無かった様に無事司教様の前ですらすらと『悔恨の行為』のお祈りを暗唱して初聖体を受けるお許しを貰った。

そして6月の良く晴れた日曜日、初聖体を受ける嬉しそうな子供達の中にアンドレがいた。この日の為にジャルジェ夫人が誂えさせた礼服はエメラルド色のサテンで、袖口や襟元から繊細なベルギーレースが覗いていた。マロン・グラッセはこの余りにも豪華な贈り物は使用人の孫には恐れ多いと申し立てたが、ジャルジェ家全員に説き伏せられて渋々同意した。ただでさえ他の子供達よりも頭半分背の高いアンドレは鮮やかな礼服がよく似合って一際眼を引いた。

一人ずつ祭壇の前に跪いて初めての御聖体を受ける子供達はその思ったよりの固さと乾いた舌触りにしかめっ面をする子もいた。しかし神父様はそんな子供達の様子も毎年の事で見慣れていたのか、微笑みながら子供達を祝福した。幸いアンドレはオスカルの姉達に忠告を受けていたのでかろうじて平静な顔を保つ事ができた。

無事に御聖体を頂いたアンドレは祖母やジャルジェ家の皆が優しく見守る中で誇らしげに信者席に戻って来た。
「おばあちゃん、僕はもう大人だよ!」
アンドレがマロン・グラッセに飛びついた。
「そうだよ、アンドレ。だからおまえも一生懸命働いてジャルジェ家の皆様の役に立つんだよ。」
「うん!」
アンドレを抱き締めるマロン・グラッセの眼頭が少しだけ涙でうるんでいた。

First Communion (初聖体) (2)

June 1763

屋敷の裏庭ではいつもの様にアンドレとオスカルが剣の稽古をしていた。木陰の椅子に腰をかけると夫人が二人を手招きした。
「母上!」
「奥様!」
眼を輝かせた子供たちが息を切らせながら走って来る。
黄金色と黒瑠璃の巻き毛の頭を優しく撫でながら夫人が子供たちに微笑んだ。

この優しい黒髪の少年が屋敷に来てからというもの、オスカルは子供らしい笑い顔を見つけたのだ。暫く子供たちの話を聞いていた夫人がアンドレに話しかけた。
「アンドレ、あなたが『悔恨の行為』のお祈りを暗唱しないと神父様が心配していましたよ。つい先月までは私に聞かせてくれましたよね。」
アンドレはきまり悪そうに下を向いてしまった。
「来年まで初聖体を待つと言うのはオスカルが一年早く初聖体を受けたいと言い出したのに関係があるのではないですか?」
今度はオスカルまで下を向いてしまった。
「どうやらその通りの様ですね。あなた方は何を戸惑っているのです? 私に話して頂けませんか?」
「母上、アンドレが悪いのでは有りません。僕がいけないのです。」
「オスカル?」
「ミサが始まるとすぐに子供たちは別の部屋に移されて『子供たちのミサ』を受けるでしょう? アンドレが初聖体を受けてしまえばもう大人と一緒だから僕たちはミサでは一緒にいられなくなっちゃうのです。」
夫人は優しくオスカルに微笑んだ。
「それはたったの一年間の辛抱ですよ。来年に成ればあなただって初聖体をうけられます。それにあなたとは同じ年のブーランジェ伯次男のエティエンヌやリッシュモン公嫡男のアルチュールも一緒ではありませんか。」
「あんな奴ら…」
「オスカル?」
「奥様, 二人は剣術も駆けっこもオスカルにかなわないのが悔しくてオスカルを無視するのです。」
唇をとんがらせて何も言わないオスカルの代りにアンドレが答えた。
困り顔の夫人が気を取り直してオスカルの手を取った。
「それでは、女の子達と仲良くすれば良いでしょう?シャヴァネル候のご令嬢もトリュフォー男爵の孫娘も皆一緒でしょう?」
「母上、僕は男です。女の子なんかと口はきけません!」
夫人が愛おしげに微笑んだ。
「オスカル、貴方が男の子なら尚更、女の子達と仲良くせねばいけません。女性のお供をしたり、きちんと御話し相手をするのは紳士のエチケットですよ。」
「ふ〜ん。そうか…で、一体どんな話をしたら良いのですか?」
オスカルの表情が和らいだのを見てアンドレも自然といつもの笑い顔が戻った。
「オスカル、僕がジョセフィーヌ様やカトリーヌ様のお茶のお付き合いをする時必ず僕に髪飾りやローブの事を聞くんだよ。僕が『とても綺麗です。』って言うととてもお喜びになります。」
「そうですね。アンドレの言う通り、女性はいくつに成っても美しいと言われれば嬉しいものなのです。」
「なるほど…」
オスカルはジャルジェ将軍がする様に考え深げに答えた。


First Communion (初聖体) (1)

June 1763

「すみません、奥様」
ミサの後、礼拝堂を出ようとしたジャルジェ夫人を神父が呼び止めた。
「まあ、神父様。何かお困りの事でもおありですの?」
「実はアンドレの初聖体の事なんです。」
「ああ、それなら私達も楽しみにしているのですよ。もう礼服も用意しましたし料理人達が特別なごちそうをアンドレの為に作るのだと張り切っています。」
「それが、アンドレが『悔恨の行為』のお祈りの暗唱をしないのです。もう何ヶ月も前から覚えていて、私も何度か聞いていると言うのに今になって覚えていないと言い張るのはどうした事かと…ご存知の様に初聖体は司教様の前で『悔恨の行為』のお祈りの暗唱ができなければ許可が下りません。初聖体のミサは年一回しか行いませんし、私も聞いてみたのですがアンドレは来年まで待つと言い張るのです。」
「来年まで待つと?」
「はい。アンドレのおばあさまにお伝えしようかと思いましたが、普段からアンドレにお厳しい方ですから、真の理由が解るまではと、未だお話ししておりません。」
夫人は扇を無意識に動かしながら眼を伏せた。
「そうですか。この事は暫く私にまかせていただけますか?」
そして神父に礼を言うと礼拝堂を出た。

Read more

sidetitleProfilesidetitle

Missy

Author:Missy
はじめまして!Missy です。日本語はまだまだ未熟ですが,ここはそんな私の妄想で暴走している AO主義のベルばら二次創作サイトです。
Please Enter at your own risk!

sidetitleMissy's Break Roomsidetitle
This is a message board for my guests!
sidetitleLinksidetitle
sidetitleLatest journalssidetitle
sidetitleLatest commentssidetitle
sidetitleLatest trackbackssidetitle
sidetitleCategorysidetitle
sidetitleMonthly archivesidetitle
sidetitleYou are the visitor number:sidetitle
sidetitleCurrent Visitorsidetitle
sidetitleSearch formsidetitle
sidetitleFriend request formsidetitle

Want to be friends with this user.